最新情報

2013年11月30日未分類
人工骨と人口血管
2013年8月20日未分類
コラーゲンの種類
2012年5月14日コラーゲンドリンク
ローカロリー食材取りましょう
2012年4月7日スキンケア
おすすめの美容液
2012年2月6日スキンケア
美肌効果の高いケア

人工骨と人口血管

<p>コラーゲンを利用した人工骨や人工血管の大半はまだ研究レベルですが、未来に向かって活発に研究が進んでいます。
人工骨や人工関節の材料としては、チタン、ステンレスなどのメタルやセラミック、プラスチック等が使用されてきました。
しかし、例えば金属は体液によってわずかづつ溶かされていくので、毒性が不安です。また、強さ、摩耗具合、弾力といった性質も、強ければいいわけではなく、周りにある天然の骨と同様レベルであることが望まれます。ですから、どの材料も問題点を抱えている。
そこで、天然の骨にできるだけ似た人工骨を作ろうというチャレンジがなされています。すなわち、コラーゲンとハイドロキシアパタイトから成る骨欠損修復材が開発されています。さらにそこに骨の細胞を加えて、もっと天然の骨に近い人工骨をつくる試みがなされている。</p>
<p>血管には動脈と静脈がある。心臓からの血液を直接受け、体の各部に送っている動脈は、物理的な強度がなければならない。再生コラーゲン繊維を使って動脈として必要な強さを持つ血管を作ることは、今のところできません。
現在、用いられている動脈用の人工血管のたいはんは合成高分子ですが、一部は牛などからとった血管が使われている。
一方、静脈の方は動脈みたいな強さは要求されない。再生コラーゲン繊維で作れるかもしれない。実際に研究がされています。
人工血管の問題点は、いかに血液凝固を防ぐかです。ケガのときは血液が固まることが必要だが、血管の中で流れている血液が固まったら大変。</p>

タグ

2013年11月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ